ブログトップ

でぶりん・もんろーのぐだぐだ日記

1ヶ月にも感じた1週間

先々週の木曜日(15日)に母と一緒に病院に行き

だいぶつらそうな感じではあったけど、とりあえず話は出来たし

ご飯は相変わらず少しだけ

次の日の金曜日も父から用事を頼まれていたので

午前中に実家へ

母は寝たままだったので声をかけずに家へ



土曜日のお昼過ぎに妹から電話が来て母の様子が変だと

急いで実家へ

2番目の妹も来てて母は意識がなく救急車を呼んだ

そのまま労災へ入院

意識は戻らないまま交代で病院に泊ることになり

その日は妹3人が泊った(・・;)

次の日、日曜日は私一人でお泊り

あとはブログでも書きましたが、夜の10過ぎだったのかなー

看護師さんが痰を取りにきて、いつものように口の中にいれてたら

看護師さんが「先生呼んで!」と。

そして私に「家族の方を呼んでください」って


廊下に出て慌ててみんなに電話を

電話が終わり部屋に戻った時にはもう・・・・・・・

先生から「午後11時3分ご臨終です」告げられた


お別れもなにも言えず逝ってしまいました

妹たちも母の死に目には会えず


なんかほんとに慌ただしく過ぎ去ったって感じ

でも湊高台にある「八戸セレモニーホール眞照堂」の

前田さんって方がよくしてくれまして

お仕事とはいえ、おかげで母ともお別れができ

無事なにもかも終えることができました

ほんとうにありがとうございました<(_ _)>


決してお手本に出来るような母ではなかったけど

育ててくれたことには感謝ですね

あと姉妹が多かったことにも感謝ですね

四十九日までは、この世にいるというので

父と一緒に供養しましょうかね



一人暮らしになった父親が心配ですが

ちょこちょこ顔を出したいとおもいます。







元気が出るワンクリックよろしくですっ!006.gif

[PR]
by parumama | 2016-09-26 22:55